NEWS

クラウドファンディングはじめました

このページを見ている皆さんにお願いがあります。
2か月ほど前から、いろいろな方々の協力のもと、クラウドファンディングを行う準備をしていました。
クラウドファンディングURL
https://camp-fire.jp/projects/view/221139
本日の19時スタート予定なので、19時以降に見ていただくとページが見られます。
目標金額は2,000,000円
使途は、新しく建てる栽培ハウス内部の設備資金に使います。
平成14年に親父である社長が団体職員を早期退職して始めたシイタケ栽培
1年間の研修を受けてから、平成16年に俺が就農
1年に1ハウスずつ増築して拡大していって
平成20年に法人化をして兄貴も整備工場を退職してシイタケの道に
更に融資を受けて木材のおがくずから菌床ブロックを作る施設を建てて1年そこそこでの津波の被災。
平成25年に何とか県の補助事業で新しい施設を建てられたものの、被災前と比べて1ハウス足りない状態での復旧
被災前と比べて収穫できる量は増やせる技術があるものの
年末年始やお盆といった需要期には欠品してあちこちに迷惑をかけています。
今シーズンにようやく新しい施設を建てられるめどがついたのでそこで使用する設備を購入します。
新しい施設のおかげて、安定して南三陸のシイタケを
県内各地に供給する事ができ、シイタケの産地として県内の量販店や百貨店のバイヤーさんに注目してもらえます
シイタケ産地として認められれば、今は休んでいるシイタケ生産者はもちろん、新しく作物を始めようとしている就農者の方や、違う野菜に取り組みたい農業者の方も、販売経路に手間をかけることなくシイタケの出荷が出来るようになります。
それと同時に、
使い終わった菌床ブロックは今現在堆肥として使用するため試行錯誤を繰り返してますが、硬いブロックのためなかなか土になじまず堆肥化に時間がかかっています
新しい施設建造と一緒に、菌床ブロック処理スペースを作り菌床ブロック細かく砕いた後にしっかりした肥料にする計画です
「粉々になるなら畑に使いたいけど、今の形は硬くて使いづらいんだよなぁ」という近隣の農業者の方の言葉をよくいただきます
使い終えた菌床ブロックをしっかりと肥料にすることで
地域の農業者の方へも肥料供給という形で協力できる
そんな風に栽培をしていきたいです。
もし、ご興味がありましたら一度ページを覗いてみてください